読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Allcock Harisman

カープが勝って気持ちが良いのです。

 

 

 

これほどまでに野球に、カープに感情を縦横右左と動かされるなんて、未だに不可解です。

 

 

 

第六感が出来たみたいです。

 

 

 

カープ感。

 

 

 

 

憎むほどに野球が嫌いでした。

いや、野球選手が嫌いでした。

 

 

理由を語れば、月くらいは行けそうなんで割愛しますが、

 

 

 

2年前ー

 

 

 

記憶が正しければ、カープクライマックスシリーズ進出を懸けて争ってました。

 

 

 

「おもしろいじゃん」

 

 

 

そう思って、初めて応援をしました。

街は浮かれました。

広島が盛り上がってました。

残念ながら、日本シリーズ争いには喰いこめなかったですが。

 

 

そして昨シーズン、優勝しました。

 

 

ファンと言うには、カープ坊やにおこがましいですが、ファンになってほんの数ヶ月で、25年ぶりの優勝をしてくれました。

タイミングの良すぎる優勝に、歓喜し涙しました。

 

 

 

僕のカープ感への急転換に、周りはだいぶ驚いていたようですが、自分では不思議と違和感なくカープファンでした。

 

 

 

愛が生まれた時の燃え上がる温度で、自分の世界の地図が変わったのです。

 

 

 

熱しやすく冷めやすい、と言う言葉が否応なしに身にしみる自分にとっては、いつものことだと思っていたのですが、今度ばかりはどうやらそうではないみたいです。

 

 

 

今シーズンもまた、始まりました。

 

 

 

 題して、

 

 

 

「スタジオ中、集中力なさすぎです」

 

 

 

 

速報が、気になります。

いけませんね、この第六感は。

ただ、今心を熱くしているのは、その感情かも知れません。

 

 

 

それとこれとは話が別かもしれませんが、昨シーズンで引退した、黒田博樹選手の事を思った曲を作りました。

 

 

 

今日のスタジオで、4割方出来ました。

 

 

 

あとの6割は何かって?

 

 

 

歌詞です。

 

 

 

この曲に関しては、これが1番大事です。

 

 

 

黒田選手にとって打者への球が、無駄な球がひとつもなかったように、一言ずつに自分と相手を言葉にのせて、その言葉と理由を吟味したいと思います。

 

 

 

 

 

「いつかはね…」

なんて思うことがあります。

 

 

 

自分達の曲で、自分の言葉の前で、膝をついて涙を流せる時が来たらって。

 

 

 

 

僕らが道をつくるのか、

道が僕らを導くのか。

 

 

 

どちらも信じて

 

 

 

石原選手のミット目がけて、球を投じよう。