読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の嘘

カープがサヨナラ勝ちを決めてくれたので、とても気分がいとよろしです。

 

 

 

気分がいいついでに、Allcock Harismanのメンバーの秘密をちょっとだけ教えます。

 

 

 

 

まずは、

 

 

 

 

ヤマネマサヒロ。

 

 

 

通称ヤン。

 

 

 

彼との初対面。

 

 

友達からこう紹介されました。

 

 

 

「ミッシェルのチバに似とるやつがおるんよ」

 

 

 

 

と紹介されましたが、実は

 

 

 

 

ただのヤマネでした。

 

 

 

 

次は、カミガキコウタ。

 

 

 

血液型がB型のメンバーがいるグループはうまくいかないという迷信が流行った時の、B型でした。

 

 

 

でも、実は

 

 

 

 

理想のドラマーでした。

 

 

 

 

はい、次の方。

 

 

マトバタイへイ。

撮影狂う兼任。

 

 

 

 

彼はね、カメラで被写体を撮っているようですが、

 

 

 

実は…

 

 

 

 

被写体の心、宇宙を撮ってます。

 

 

 

 

 

ただの変態です。

 

 

 

 

最後はこの人、みんなのプリンス、マツモリカズキ。

 

 

 

プリンスに秘密なんかないと思うでしょ?

 

 

 

 

「秘密細胞は、あります」

 

 

 

 

ただ、この秘密を漏らしてしまうと色んな方面から消されてしまいそうなので、やめておきます。

 

 

 

強いて漏らすなら、プリンスでもほか弁を食べています。お米大好き。

 

 

 

 

生きていく上で、様々な隠し事が増えていきます。そして、隠した分だけ表で発散します。

 

 

 

 

隠すだけでは無理。さらけ出すだけでは無謀。

 

 

 

 

傷の場所、血の流れる方向を決めて、庇い合いながら、みんなうまいこと生きています。

 

 

 

 

聞いて知った秘密なんて、秘密なんかじゃありません。

 

 

 

 

その秘密にも、生まれ育ちがあって、血が通ってます。

 

 

 

 

 

推理小説を最後からめくれるなんて、そんな都合の良い人生はありませんよね。

 

 

 

 

 

僕の秘密ですか?

 

 

 

 

 

どこかの土地どこかの旅館の、「旅の思い出ノート」に書かれています。