読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BAND-AID ~傷の生まれ~

 

バンドを初めて組んだのは、高校1年生の時でした。

 

 

バンドをしたいな」と思い出したのは中学生の時です。

きっかけは友達に誘われて、そのお兄さん達が組んでたパンクバンドのライブでした。

 

 

スタジオダックという、フジグラン広島前のビルの地下にあったライブハウスです。

まだそこにあるかは分かりません。

 

コピーライブだったので、あらかじめ曲は予習していきました。

 

 

が、

 

 

パンチ合戦は、予習した曲にはありませんでした。

 

 

少しパンクが嫌いにもなりましたが、生で楽器を弾く人たちを観るのは、とても衝撃的でした。

 

 

2回目のライブハウスはバッドランズ。

まだある?

 

椅子に座って鑑賞するライブでしたが、スピーカーから震えて出る音に、ドキドキしたものです。ここでは音に衝撃を覚えました。

 

 

 

そんな衝撃期間の中、初めて買ってもらったギターがありました。

叔父さんに買ってもらいました。

 

 

彼もまた音楽が好きで、クイーンやレッドツェッペリンイーグルスなど。レコードでよく聴いていました。

記憶が正しければ、保育園にクイーンのレコードを持って行った気もします。

 

 

で、買ってもらったギターが、フェルナンデス。です。

 

 

レスポール型のシルバーなんです。

 

 

当時、GLAYのギターにハマってましたので、少しでも近いものをと思って、憧れだけで決めました。

 

 

 

痺れました。

 

 

 

記憶はそこまでです。

その後、そのギターがどうなったか覚えてないんですよ。

 

 

 

まるで、ピザの具だけを食べたような感覚です。

 

 

 

 

申し訳ない。

 

 

 

 

 

それから数年後、高校1年生の時にバンドを組むことになるのです。

 

 

 

 

 

が、フリックと改行に親指が疲れたので、続きの話はまた今度。

 

 

 

 

帰り道の風のように心地がいいのに、多くを忘れて少しを覚える、そんな話です。