読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題は今日の雨

 

マトバ タイヘイとはよく歌詞の話をします。

 

 

 

Allcock Harismanだけに限らず、お互いが共有できる曲の歌詞の話をしたりします。

 

 

 

彼は、Allcock Harismanの曲の歌詞を好きでいてくれる少数派の中のひとりです。

 

 

ここまで、歌詞を紐解かれたら恥ずかしくもなります。

 

 

 

が、嬉しいことです。

 

 

 

彼もまた、詩人なんだと思います。

 

 

 

 

「今現在、外は雨です。

みんな傘をさしています」

 

 

 

これを歌詞にするとどうなるでしょう?

 

 

 

 

「傘がない」と歌う人もいれば、恵の雨と歌う人もいます。

 

 

 

当事者の捉え方によって、降る雨の一粒でさえも意味が変わってきます。

 

 

 

だからこそ歌詞は、その支えになれるようにありたいなと思うのが、自分の歌詞をつくる上での支えです。

 

 

 

 

月日を経れば、歌詞を書く人の考え方も変わっていきます。

 

 

 

そこを乗り越えてこそ、バイブルというものになっていく気もしています。

 

 

 

  そう、

 

 

 

 

「歌詞が書けない」

 

 

 

 

と、嘆いているわけです。