おいらの心臓くらえよベイビー

 

ここ2ヶ月間くらい、広島の五日市というところによく居ます。

 

 

 

車でわずか数十分のところなんですが、離れてしまったものはそこそこ多かったようです。

 

 

 

 

数十年、庭のように過ごして来た華やかな街から、程遠い地です。

 

 

 

未だに順応できていない時間と体。

 

 

 

 

そして、あまり好きになれない地。

 

 

 

 

でも、「いつか笑える時が来るなら」と思えたら、「せっかくなので」と受け止めてしまいす。

 

 

 

 

「わざわざ、どうもありがとう」と。

 

 

 

 

 

いま、僕を動かす原動力は、原子力でも反骨心でもありません。

 

 

 

 

 

もう、シモズミ・ビンソンになりたいです。

 

 

 

 

が、そうもいかないので、一喜一憂を繰り返すしかありません。

 

 

 

 

そんなことより、いま、ハイボールの飲み過ぎでトイレが近くなっているので、この話は、深くに沈めることにしましょう。

 

 

 

 

深くに潜ることにしましょう。

 

 

 

 

 

シモズミ・ビンソン。