この愛の方へ この愛は続く

 

この一節が書かれている曲、「fin」が好きな人が現れました。

 

 

 

 

 

此の期に及んで。

 

 

  

 

 

その人の心情は、自分かどうしたって計り知れないことです。

だからこその、好きなのだと思います。

 

 

 

 

 

嬉し恥ずかし帰り道です。

 

 

 

 

 

この一節の物語は割愛しますが、言葉よりもいつまでも続いている心が、誰にでもあるんだなと思いました。

 

 

 

 

 

してやったりです。

 

 

 

 

誰しも終わりを決めることはできません。

いつまでも通過点。

 

 

 

同じように本当の終わりなんて、誰にも分かりません。     

 

 

 

だからいつだって過去を見事に振り返るし、コマ送りでon your markだし、終わる気配なんかありませんよ。

 

 

 

 

    「君が愛を語れ。

       いろんな人が歌ってきたように。

       タガタメ。

       僕が僕であるために

       あなたの夢をあきらめないで。

       ファイト」

 

 

 

 

僕の教科書は、いつの時代になっても心の拠り所です。

 

 

 

 

 

だからいつまで経っても、くそったれの世界です。