読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPECIAL THANKS

 f:id:allcockharisman:20170518184943j:image

 

まず

お互いが長い時間一緒に過ごせることが

 

普通ではないことで

 

その二人を見ている君にとって

 

この二人は17歳に見えただろうか

 

 

 

 

懐かしさ

名前を呼べることの幸せ

 

 

ただそこには遠くて辿り着けない

言いようのない遠いもの

 

 

 

 

駄菓子

ガム

いつも分け合っていたセブンスター

 

 

 

 

 

きみは覚えていただろうか

 

 

名前を口にすればそれで幸せだった

 

 

 

 

 

遠く長いひさしぶりに

 

なにをどうしたらいいのか

わからなくなった

 

 

 

どこかで交わる

目の前に広がる海のように

どの痛みも僕のもの

 

どうやら別れるということは

心を紛らわすことのものだけらしい

 

 

 

 

と、いう話らしい

 

 

 

f:id:allcockharisman:20170518185011j:image

 

音のない帰り道

ニンジャタートルズ

 

小さい頃にBSで土曜日の夕方だったかな

 

テレビでやっていました

 

 

カメのヒーロー

 

ニューヨークを舞台に

 

悪者を退治する

 

 

そのニンジャタートルズたちが

 

こぞってご贔屓に

 

大好物にしているのが

 

 

そう

 

 

Pizza

 

ピザなんです🍕

 

 

ファミコンのソフトが出た時も

 

回復アイテムは

 

ピザでした

 

 

そのくらい

 

 

ピザ

 

 

 

が大切なアイテムでした

 

 

 

 

 

そう

 

何が言いたいかというと

 

 

 

新曲の仮タイトルはもちろん

 

 

 

Pizza

ピザ

 

 

 

 

と、いう話さ

 

 

f:id:allcockharisman:20170512235409j:image

 

 

 

 

僕の好きだった場所

 

人は出会い別れをくり返し…云々

 

 

 

 

なんていう言葉をよく聞きます。

本当にそうなのでしょうか。

 

 

人間の言う言葉ほど、答えがないのも珍しいです。そして、答えを求めたがるのも。

 

 

出会ったからには、出遭ってしまったからには、それが答えです。

 

 

別れはありません。

 

 

ずっと続くのです。

 

 

寂しさを紛らわすだけの定義として、別れがある。別れとしたいのです。

 

 

日々、様々な事に制されて、どこかに捌け口を設けなければなりません。

 

 

簡単にはゴミ箱には持っていけません。

 

 

自分なりにフォルダ分けして、それぞれの居場所を決めるのです。

 

 

そうやって、いずれ忘れていく。

ただ、忘れるだけです。

ずっと残ってます。

 

 

それを思い出といい、経験ともいいます。

 

 

すべては、結果論。

 

 

 

失くしてしまうには、もったいないですよ。

 

 

どの痛みも自分のものと思えたら、どの痛みさえも出会う価値があるのです。

 

 

 

ーいつかの日、その時だけの未来を誓って、現在を輝かせた日

 

 

ありがとう。

veryカープ!

 

カープがタイガースに3タテをくらいました。

 

 

 

 

で、とても気分が良くありません。

 

 

 

マティーニを飲んだ次の日くらい、気分が優れません。

 

 

 

僕は神ではないので、カープに勝利をもたらすことはできませんし、金本監督に下剤を飲ませることもできません。そして、つい先ほど水没したアイコスを直すこともできません。

 

 

 

そう、カープが3タテくらって、アイコスが壊れてとても、とても機嫌が悪いのです。

 

 

 

 

毎日が、とてもカープです。

 

 

 

 

異常、です。

僕は誰かの色になれただろうか


うねりの中で色も持たずに
白さで重ねる潜んでしまった
日常に君はいて

 

窮屈そうに流れに任せて
途中 振り返って気づく
そして探し始める

 

今も浮かぶ 深くを刺して
離れないままの景色
輪郭はあるのに 動き出せない
たぶん まだ無いんだろう

 

蹴飛ばして夜を
そう君の色で もっと輝けると
愛して止まなかった矛盾の色
もう躊躇なく 今まで無駄なんて
言えないように

 

丸めてばら撒いた
君が落とす 剥がれた色に横になって
少し通り過ぎてみる ここではないどこかに
君が君じゃない映像も もうひとつの未来だって
素晴らしいのかも知れない でも
拳を震わせているのは

 

思い出して 記憶だけの約束じゃないことを
この場所じゃない 逃げ道じゃない
握り締めて絆を

 

すれ違う風に目を塞いで
今日も前を見て歩いてる気がしていただけ
本当はどれも孤独なはずなのに

 

もう戻らない 君の色で不安を変えて
ずっと同じ夢を 愛に過ぎる気持ちで見ていた

 

時が来れば見果てるんじゃないだろう
差し出した手は掴んでるよ

 

「蹴とばせ」

 

はるか遠くを誓う 君の呼ぶ方へ
あの静寂の中で見つけた一瞬の希望も
散った点で線を描く その時も君の色で

 

リンケージ

鍵盤の黒いとこ、白いとこ

 

適当に押す

 

僕も君も見ていない

 

 

が一番しっくりきていたのかもしれない

 

見ていないのに

君はいつも必ず当てる

 

 

ちょうど今日の様に

朝には雨が止んで

 

夏の終わりのような街のにおいと

少し冷たい空気

 

 

 

 

いつのまにか

 

 

 

 

になって

 

ピザの上だけ食べて

そこにまた何が乗るか考えてたら

 

 

君がピザの上からいなくなっていた

 

 

 

みたいな

 

イエモン

 

と呼ばれている曲も出来ています

 

 

f:id:allcockharisman:20170506101658j:image

 

 

天気予報の恋人

ここ最近、悔しいくらい晴れていて

 

新緑がきれいで

そこら中に花が咲いている

 

 

花を贈ること

もらったことは一度もないな

 

出来れば

寂しいけれど

 

その人への

その人の周りの人への

エールになればと思う

 

 

毎日過ごしていれば

それぞれで

それぞれの場所で

いろんなことがある

 

そんないろいろを

忘れられる場所で

忘れさせてくれるコンビだった

 

 

 f:id:allcockharisman:20170501213046j:image

 

いつでもまた見上げましょう